子ども救急症状別対応法

子ども救急ガイド~子どもの急病・事故マニュアル~

子ども救急症状別対応法~誤飲

観察のポイント

 

子どもの事故で多い、誤飲・誤食による中毒は、ハイハイや伝い歩きができるようになり行動範囲がぐんと広がると、ちょっとした油断で起きてしまいます。

 

ものによっては、少量でも生命の危険がありますので、子どもの周りに危険なものを置かないようにしましょう。

 

まず、何を飲んだかという情報が大切です。

 

医薬品、洗浄剤、消臭剤、殺虫剤などの場合は、受診の際にその成分が分かるような説明書や箱、ビンなどを必ず持参してください。

 

しばらく様子をみても大丈夫な場合

  • たばこを少し(2.0cm)だけかじった場合
  •  

  • プラスチック、紙、ビニール、クレヨン、鉛筆の芯をかじった、インク、絵の具をなめた、アトピー用軟膏を食べた場合
  •  

  • 顔色がよく、吐き気や鳴咽(声をつまらせて鳴く)、咳き込みがない

 

早めに救急外来を受診した方がよい場合

  • 飲み込んだ途端に咳ががはじまった場合(気管や気管支に異物が入った可能性があります)
  •  

  • 医薬品、洗浄剤、殺虫剤などを飲んだ場合
  •  

  • けいれんを起こしている場合
  •  

  • 意識がない場合
  •  

  • 顔色が悪い場合
  •  

  • 呼吸の状態がおかしい場合
  •  

  • 吐き気や鳴咽がある場合
  •  

  • タバコを消した液体を飲んだ場合
  •  

  • 灯油を誤飲したかもしれない場合(疑いでも、灯油が服についただけでも)

 

応急処置がわからない場合→(財)日本中毒情報センター(中毒110番)

 

中毒110番(一般市民専用電話、情報料無料)
  •   大阪 072-727-2499(365日 24時間)
  •  

  •   つくば 029-852-9999(365日 9~21時)

 

タバコ専用電話(テープによる情報提供 情報料無料
  •   大阪 072-726-9922(365日 24時間)

 

家庭での対応

 

ものが見える時は、人差し指を頬の内側に沿って入れ、詰まっているものを掻き出します。

 

薬物の種類により吐かせる方がよいもの、吐かせない方がよいものがあります。

 

タバコ、ホウ酸団子、ナフタリン、パラジクロルベンゼン、大量の医薬品の場合はすぐに吐かせましょう。

 

ボタン電池、硬貨、灯油、ベンジン、除光液、洗浄剤、漂白剤、しょうのう、小玩具、何を飲んだかわからない場合は吐かせてはいけません。

 

化粧品、シャンプー、芳香剤、石鹸、クレヨン、シリカゲル、マッチ、粘土、保冷剤、水銀、植物活力剤などの場合、経過観察です。


ホーム RSS購読 サイトマップ