子ども救急ガイド 

◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・貧血の方が数多く実践中!!

少子高齢化の進行や疾病構造の変化により、医療に対するニーズは多様化しています。中でも小児救急医療は安心して子どもを産み、健やかに育てる社会基盤として、その確保・充実が重要な課題になっています。

サイトマップ

子ども救急症状別対応法〜下痢

観察のポイント

子どもは腸が十分に発達していないため、摂取したものが十分に消化できなかったり、腸からの分泌液が増えたりして下痢をしやすいものです。

機嫌がよく、食欲があればまず心配ありません。

下痢をした時は、いつもの便との違いをよく観察しましょう。

・におい(腐ったような臭い、すっぱい臭い)はどうか

・性状(血液や粘液が混じっているか、赤っぽい便、白っぽい便、ドロドロの便、水様便)はどうか

・1日の回数はどうか

嘔吐はあるか、腹痛はあるか、機嫌はどうか、食欲はどうか、熱はあるか


しばらく様子をみても大丈夫な場合

・いつもより便が軟らかいが、下痢の回数は1日5回以内の場合

・食欲がいつもと変わらず、水分がとれている場合

・熱がなく、機嫌もよく元気な場合

早めに救急外来を受診した方がよい場合

・色が白っぽい便、頻回の水様便、血液が混じっている便、糊のような黒っぽい便の場合

・高熱や頻回の嘔吐がある場合

・腹痛が強い場合

・水様性の下痢が1日6回以上ある場合

・機嫌が悪く水分を殆ど受け付けない場合

・オシッコの量が極端に少ない、涙が殆ど出ない場合

・半日以上おむつが濡れない場合

・唇や舌が乾いている場合

・顔色不良〜顔面蒼白になっている、元気がなく活気がない場合


家庭での対応

下痢がひどい場合は、胃腸を休めるために固形物は控えましょう

脱水症状になりやすいので、水分は十分に与えましょう

食べ物を与えるときは便の状態をみながら少しずつ与えましょう

できるだけ加熱調理した炭水化物(おかゆ、おじや、うどんなど)から与えましょう

おしりがかぶれないように、こまめに洗ってあげましょう

家庭内の感染を予防するため、排泄物を始末した手はよく洗っておきましょう

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
子ども救急症状別対応法〜発熱
子ども救急症状別対応法〜嘔吐
子ども救急症状別対応法〜せき
子ども救急症状別対応法〜下痢
子ども救急症状別対応法〜腹痛
子ども救急症状別対応法〜けいれん
子ども救急症状別対応法〜頭痛
子ども救急症状別対応法〜耳痛
子ども救急症状別対応法〜やけど
子ども救急症状別対応法〜誤飲
子ども救急症状別対応法〜鼻血
子ども救急症状別対応法〜虫さされ、クラゲさされ
子ども救急症状別対応法〜不機嫌
子ども救急症状別対応法〜おしっこが出ない
子ども救急症状別対応法〜意識がない
子ども救急症状別対応法〜ウンチが変
子ども救急症状別対応法〜皮膚発疹
子ども救急症状別対応法〜ブツブツができた
子ども救急症状別対応法〜泣きやまない
子ども救急症状別対応法〜Q&A
救急車の呼び方
上手なお医者さんのかかり方
子どもを丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル「ママと子どものHappy育児法」
リンク集
家庭でも簡単に出来る小児夜尿症の治し方
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」
出産後(0歳〜2歳くらい)の育児で大変だったことってなんですか?アンケートデータ


























ゴーシェ病



子ども救急ガイド All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。