子ども救急ガイド 

◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・貧血の方が数多く実践中!!

少子高齢化の進行や疾病構造の変化により、医療に対するニーズは多様化しています。中でも小児救急医療は安心して子どもを産み、健やかに育てる社会基盤として、その確保・充実が重要な課題になっています。

サイトマップ

上手なお医者さんのかかり方

普段から子どもの様子をよく観察しましょう

子どもの様子がおかしいことにいち早く気づいてあげるためにも、普段から子どもの様子・癖をよく知っておきましょう。

ちょっとした体調の変化を見つけることができるはずです。


まずは医療機関を選びましょう

子どもの様子は成長とともに変化していくので、それらの変化を把握し、何でも相談できるかかりつけ医をつくりましょう。

かかりつけ医を選ぶときは、大学病院総合病院よりも小児科専門の医療気管がよいでしょう。

設備等もしっかり整っている大病院で診てもらおうと考える人もいるかと思いますが、診察から帰宅するまでどうしても長時間かかることが多いものです。

大病院での受診が必要な時は、かかりつけ医に紹介してもらえばよいでしょう。

できるだけ診療時間内に受診しましょう

診療には医師だけでなく、看護師、検査技師、薬剤師など多くのスタッフが関わっています。

すぐに救急外来を受診しなくてもよい時は、スタッフが揃っている診療時間内に受診するようにしましょう。


子どもの症状をよく知っている人が連れていきましょう

受診の際には、子どもの症状や様子をよく知っている人が連れて行くことが大事です。

どこを痛がっているのか、食事はどうか、飲ませた薬など説明できる人が付き添いましょう。

医療機関へ持っていくと便利なもの

母子健康手帳、保険証、診察券、お薬手帳、病気(怪我)の状況などを書いたメモ、着替、タオルティッシュペーパー、おもちゃや絵本(待ち時間のため)など

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
子ども救急症状別対応法〜発熱
子ども救急症状別対応法〜嘔吐
子ども救急症状別対応法〜せき
子ども救急症状別対応法〜下痢
子ども救急症状別対応法〜腹痛
子ども救急症状別対応法〜けいれん
子ども救急症状別対応法〜頭痛
子ども救急症状別対応法〜耳痛
子ども救急症状別対応法〜やけど
子ども救急症状別対応法〜誤飲
子ども救急症状別対応法〜鼻血
子ども救急症状別対応法〜虫さされ、クラゲさされ
子ども救急症状別対応法〜不機嫌
子ども救急症状別対応法〜おしっこが出ない
子ども救急症状別対応法〜意識がない
子ども救急症状別対応法〜ウンチが変
子ども救急症状別対応法〜皮膚発疹
子ども救急症状別対応法〜ブツブツができた
子ども救急症状別対応法〜泣きやまない
子ども救急症状別対応法〜Q&A
救急車の呼び方
上手なお医者さんのかかり方
子どもを丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル「ママと子どものHappy育児法」
リンク集
家庭でも簡単に出来る小児夜尿症の治し方
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」
出産後(0歳〜2歳くらい)の育児で大変だったことってなんですか?アンケートデータ





こども ゲーム



子ども救急ガイド All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。