子ども救急症状別対応法

子ども救急ガイド~子どもの急病・事故マニュアル~

上手なお医者さんのかかり方

普段から子どもの様子をよく観察しましょう

 

子どもの様子がおかしいことにいち早く気づいてあげるためにも、普段から子どもの様子・癖をよく知っておきましょう。

 

ちょっとした体調の変化を見つけることができるはずです。

 

まずは医療機関を選びましょう

 

子どもの様子は成長とともに変化していくので、それらの変化を把握し、何でも相談できるかかりつけ医をつくりましょう。

 

かかりつけ医を選ぶときは、大学病院や総合病院よりも小児科専門の医療気管がよいでしょう。

 

設備等もしっかり整っている大病院で診てもらおうと考える人もいるかと思いますが、診察から帰宅するまでどうしても長時間かかることが多いものです。

 

大病院での受診が必要な時は、かかりつけ医に紹介してもらえばよいでしょう。

 

できるだけ診療時間内に受診しましょう

 

診療には医師だけでなく、看護師、検査技師、薬剤師など多くのスタッフが関わっています。

 

すぐに救急外来を受診しなくてもよい時は、スタッフが揃っている診療時間内に受診するようにしましょう。

 

子どもの症状をよく知っている人が連れていきましょう

 

受診の際には、子どもの症状や様子をよく知っている人が連れて行くことが大事です。

 

どこを痛がっているのか、食事はどうか、飲ませた薬など説明できる人が付き添いましょう。

 

医療機関へ持っていくと便利なもの

 

母子健康手帳、保険証、診察券、お薬手帳、病気(怪我)の状況などを書いたメモ、着替、タオル、ティッシュペーパー、おもちゃや絵本(待ち時間のため)など


ホーム RSS購読 サイトマップ