子ども救急症状別対応法

子ども救急ガイド~子どもの急病・事故マニュアル~

子ども救急症状別対応法~せき

観察のポイント

 

咳は、気管や気管支にウイルス、細菌、異物などが侵入したりするのを排除しようとする防御反応です。

 

人混みや埃っぽい場所にいるとき、空気が乾燥しているときなどにする咳は、一時的に激しくても、その後落ち着くようなら心配ありません。

 

呼吸困難の兆候

  • 呼吸が速い
  •  

  • 走ったあとのように肩で息をする(肩呼吸)
  •  

  • 息を吸う時に胸が膨らまず、かえって肋骨の間や下、鎖骨の上、のどの下がくぼむ(陥没呼吸)
  •  

  • 息を吸う時に胸がくぼみ、お腹だけが膨らむ(シーソー呼吸)
  •  

  • 鼻の穴がヒクヒクする(鼻翼呼吸)
  •  

  • 苦しくて横になれない(起座呼吸)
  •  

  • 咳き込んで止まらない

 

しばらく様子をみても大丈夫な場合

  • 自宅での対処で症状がよくなってきた場合
  •  

  • のどがゼイゼイ、ヒューヒュー鳴っているが、呼吸が苦しい感じがなく、横になって眠っていられる場合
  •  

  • 眠りかけや朝起きたとき、走ったときに咳が出るが全身状態はよい
  •  

  • 眠れる、食べられる、運動ができる、熱もない

 

早めに救急外来を受診した方がよい場合

  • 咳こみが激しくて、呼吸困難の兆候がある場合
  •  

  • 顔が青白く、唇が紫色になっている場合(チアノーゼ)
  •  

  • 呼吸困難のため、横になれない、眠れない、苦しくて動けない、話せないなどの場合
  •  

  • 1日中咳が止まらない、咳き込んで何度も吐く場合
  •  

  • 犬の遠吠えやオットセイの鳴き声のような咳き込みをしている場合
  •  

  • 高熱を伴っている場合

 

家庭での対応

 

咳が激しいときは、部屋を加湿したり、口元に蒸しタオルなどを当ててみてください。

 

横に寝ると苦しい時は、上体を起こして何かにもたれるかかる姿勢にしてみてください。

 

喘息の発作が出た場合

 

体を起こしてコップ1~2杯の水を飲ませてみてください。

 

できるだけ大きく息を吸ったり吐いたりを繰り返させてみてください。

 

発作時に服用する薬が処方されていれば、医師の指示通りに使用しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ