子ども救急ガイド 

◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・貧血の方が数多く実践中!!

少子高齢化の進行や疾病構造の変化により、医療に対するニーズは多様化しています。中でも小児救急医療は安心して子どもを産み、健やかに育てる社会基盤として、その確保・充実が重要な課題になっています。

サイトマップ

子ども救急症状別対応法〜意識がない

観察のポイント

意識がないかどうかは、瞬時に顔色を見ると共に、声掛けや身体を揺することに反応するかどうかで判断できます。



その際には、身体(四肢)の固さや姿勢やその動きに異常があるかどうかもみましょう。

目がきちんと合えば意識はあると考えてよいでしょう

発熱(高熱の有無)や易刺激性(物音や声掛けに異常に驚く)がないかどうか

・意味不明の言動がみられなかったかどうか

・顔色不良や嘔吐を伴っていないか

・姿勢の異常(つっぱっている)や筋肉の緊張亢進(四肢が固く動かしにくい)がないかどうか


早めに救急外来を受診した方がよい場合

・名前を呼んでも、身体を揺すっても目を覚まさない場合

・目をかろうじて開けているが視線が合わない場合

・すぐに眠ってしまう場合

・つねっても、痛み刺激に反応がない場合

・いつもと様子が違う場合(顔色が悪い、寝相が変で突っ張った感じなど)

・易刺激性がある場合

・嘔吐やけいれんがある場合

・姿勢の異常(つっぱっている)や筋肉の緊張亢進(四肢が固く動かしにくい)がある場合

・瞳(瞳孔)が非対称である場合

・意味不明の言動がある場合

・意識がよくなったり、悪くなったりと不安定な状態である場合

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
子ども救急症状別対応法〜発熱
子ども救急症状別対応法〜嘔吐
子ども救急症状別対応法〜せき
子ども救急症状別対応法〜下痢
子ども救急症状別対応法〜腹痛
子ども救急症状別対応法〜けいれん
子ども救急症状別対応法〜頭痛
子ども救急症状別対応法〜耳痛
子ども救急症状別対応法〜やけど
子ども救急症状別対応法〜誤飲
子ども救急症状別対応法〜鼻血
子ども救急症状別対応法〜虫さされ、クラゲさされ
子ども救急症状別対応法〜不機嫌
子ども救急症状別対応法〜おしっこが出ない
子ども救急症状別対応法〜意識がない
子ども救急症状別対応法〜ウンチが変
子ども救急症状別対応法〜皮膚発疹
子ども救急症状別対応法〜ブツブツができた
子ども救急症状別対応法〜泣きやまない
子ども救急症状別対応法〜Q&A
救急車の呼び方
上手なお医者さんのかかり方
子どもを丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル「ママと子どものHappy育児法」
リンク集
家庭でも簡単に出来る小児夜尿症の治し方
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」
出産後(0歳〜2歳くらい)の育児で大変だったことってなんですか?アンケートデータ








病気療養



子ども救急ガイド All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。