子ども救急症状別対応法

子ども救急ガイド~子どもの急病・事故マニュアル~

子ども救急症状別対応法~不機嫌

観察のポイント

 

なんとなく元気がなく、様子がおかしいなど、機嫌が良くない場合は、病気などが原因であることがあります。

 

いち早くお子さんの様子が違うことに気づき、大事に至らないようにしましょう。

 

  • いつもの泣き方と違って、泣き声が弱い、甲高い、うめくように泣く
  •  

  • 顔色がいつもと同じかどうか
  •  

  • 理由なく突然の発症かどうか
  •  

  • 好きな物を与えると改善するかどうか
  •  

  • 熱があるかどうか
  •  

  • 耳漏(耳痛)や鼠径部(足の付け根)腫瘤(はれ、こぶ)がみられるかどうか
  •  

  • 嘔吐や顔色など全身の状態はどうか

 

しばらく様子をみても大丈夫な場合

  • 不機嫌が一過性の場合(おもちゃや好きなもので気が紛れる)
  •  

  • 全身状態が悪くない(高熱や鼠径部腫瘤など)、異常を認めない場合
  •  

  • 解熱鎮痛剤(解熱作用があり、頭痛や歯痛などを抑える薬)の使用で不機嫌そうではなくなった場合
  •  

  • 不機嫌に思えても、食欲や睡眠が通常通りに摂れている場合

 

早めに救急外来を受診した方がよい場合

  • 意識がおかしい、意味不明の言動がみられる場合
  •  

  • ぐったりして元気がない場合
  •  

  • 眠りがちである場合
  •  

  • ぐずり方が激しい場合
  •  

  • いつもと違って変だと思う場合(親のいうことを聞かないなど)
  •  

  • ミルクを欲しがらない場合
  •  

  • 顔色が悪い場合
  •  

  • 高熱がある場合
  •  

  • 熱がなくて(普段よりも体温が低く感じる)、ぐったりして水分も受け付けない場合
  •  

  • けいれんや嘔吐、呼吸苦(呼吸困難)など他の症状がある場合
  •  

  • 易刺激性(物音や声掛けに異様に驚く)がみられたり、ピクピク、ワナワナする

ホーム RSS購読 サイトマップ