子ども救急症状別対応法

子ども救急ガイド~子どもの急病・事故マニュアル~

子ども救急症状別対応法~鼻血

観察のポイント

 

子どもは鼻に指を入れたりして、鼻の粘膜を傷つけて出血することがよくあります。

 

更に傷ついた粘膜にブドウ球菌がくっついて炎症を起こしたりすると、繰り返し出血したりします。

 

殆どがすぐに止まるので心配ありませんが、大量に出血したりするようならば受診してください。

 

 

しばらく様子をみても大丈夫な場合

  • 10分以内で止まった場合
  •  

  • 顔色がよく、元気、活気があり、機嫌も良い場合

 

早めに救急外来を受診した方がよい場合

  • 15分以上出血が止まらない場合
  •  

  • 繰り返して大量に出血している場合
  •  

  • 顔色不良である場合
  •  

  • その他出血傾向がある場合

 

家庭での対応

 

鼻血を飲まないように頭を高くして、軽くおじぎをするような格好をとらせてください。

 

鼻内に何もいれずに、指で鼻をつまみ、10~15分程度圧迫してください。

 

やってはいけないこと

 

上を向いて寝ると、出血がのどに流れて、咳を引き起こしたり、血液を飲んでしまい、止血後の吐き気の原因になってしまいます。

 

首の後ろを叩く動作に止血効果はありません。

 

鼻内にティッシュペーパー等を挿入すると、鼻粘膜の損傷、ただれを起こしたり、ティッシュペーパーを取り出すときに、固まった血液のかさぶたを剥がしたりすることにより、再度出血する可能性が高くなります。

 

次のことを試してみましょう

  1. 鼻血を飲まないように下を向かせます。(上を向くと、血液が喉に流れこんで飲んでしまう恐れがあります)
  2.  

  3. 鼻内になにもいれずに鼻翼全体を出来る限り深くつまみ、鼻中隔(鼻を左右に分けている仕切り)を圧迫止血します
  4.  

  5. 鼻呼吸ができない状態で、約15分持続的に圧迫します

ホーム RSS購読 サイトマップ